会長挨拶

会長挨拶

2021-2022年度 会長 安本 晋

「再び、奉仕を」

本年度会長に就任することになりました。一年間よろしくお願いします。       昨年度から引き続き、未曾有のコロナ禍の中、ロータリー活動は続いていきます。昨年度も、当クラブの目玉事業である米山奨学生との柿田川清掃保全奉仕をはじめ、グラウンドゴルフ大会、社会福祉協議会によるバザー参加、エンドポリオ募金活動、果ては、節目となる40周年記念事業といったすべての事業が、中止、延期となり例会も一時休止せざるを得ない状況でありました。しかし、これは当クラブのみではなく、多くのクラブにおいても同様の状況であり、クラブによってはかなり長期間、休会されているところもありました。                                     しかし、徐々に状況は改善しており、今後ワクチン接種が順調に進行するなど、コロナの影響が限定的となった時点で、様々な活動が徐々に再開していくことになると期待をしています。                                    本年度の国際ロータリーのテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。                                      国際ロータリー会長は、初のインド出身のシェカール・メータ氏です。シェカール氏は、ロータリーの奉仕活動をさらに充実させるように呼び掛けています。         コロナが社会の様々な場所に影響を及ぼすことで、貧困の問題や分断の問題など今後、さらに様々な問題が明るみに出てくることが予想されます。そういった中で、必要な奉仕活動を行っていき、地域から世界に向かって必要な人に奉仕活動が届けられるようなクラブでありたいと思います。                             クラブとしては、まずは会員増強を行って基盤を整えながらも、清水町や社会福祉協議会といった関係する団体に、今年度の奉仕活動の実施を呼びかけ、規模や対策を考えながらできる奉仕活動を行っていきたいと思います。                   また、会員同士の距離が近く、親睦を楽しみやすい環境にあるからこそ、より楽しんで活動ができるように、さらに、可能であれば家族との親睦なども広げていけるように、楽しみながらやっていきたいと思います。

再び、奉仕を。一年間、よろしくお願い致します。